若者の仕事が増える?!労働市場への影響

▼若者の仕事が増える?!労働市場への影響

“さらに、雇用誘発数は東京都で83,706人、その他の地域でも約 68,496 人、全国総計で約152,202人と試算されているほか、雇用者所得誘発額は全国で7,533億円と推計されています。つまり、東京にオリンピックが来ることで、20代の雇用状況にも大きなプラスの影響が出てくると予想されます。”

東京オリンピック

関連銘柄の株価もすでに上昇している

▼関連銘柄の株価もすでに上昇している

“岡三証券が建設や不動産、観光など五輪関連企業79社の株価の動きを指数化した「東京五輪関連株指数」によると、昨年末からの上昇率は47.2%。日経平均の34.5%を上回っており、五輪銘柄が株式市場を盛り上げている。”

東京五輪

どの業界が五輪で潤うのか

▼どの業界が五輪で潤うのか

“ちなみに、どの業種にプラスの影響が及ぶかを調べたところ、開催に伴うインフラ整備に関連する建設やセメント業界での特需が予想されているほか、外国からの観光客が期待されることで鉄道や空港施設やホテルなどの宿泊施設もにぎわいを見せるのでは、と期待されています。また、スポーツ用品メーカーや、テレビ局・広告会社なども宣伝・放送で特需が見込まれています。”

東京オリンピック

クールジャパンの普及など数字に現れない経済効果も

▼クールジャパンの普及など数字に現れない経済効果も

“7年間合計で国内総生産(GDP)の0.3%程度と、見かけの数字は小さいが、「『クールジャパンの格好の宣伝の場になり、数字に織り込めない経済効果が見込まれる」(野村証券投資情報部の山口正章エクイティマーケットストラテジスト)という。”

東京五輪

2020年東京オリンピック開催決定!五輪がもたらす経済効果

大会開催による直接的な収入

五輪の収入を見てみる。

(1)TV放映権料金
(2)スポンサー収入
(3)入場料収入
(4)記念グッズの販売

東京オリンピックでは、過去ロンドン五輪のように既存施設が多く、新しくスタジアムや競技場の建設などの大きな予算が必要ないためコストがさほどかからないのではないか。

基本的に税金をあまり使わずに五輪運営することができるので、
結果、東京オリンピックの大会収支も黒字になるだろう。

2週間も国民を感動させる五輪は、現在の数少ない有力なプロジェクト案件と考えたいですね。

東京五輪までの7年間の経済効果は3兆円?!

2013年から開催される東京五輪!

「東京2020オリンピック、パラリンピック招致委員会」と「東京都スポーツ振興局」が今年度2013年から2020年までの7年間で日本経済への波及効果を算出したところ、

全国で2兆9,609億円(都で1兆6,753億円、都以外の地域で1兆2,856億円)

と試算されている。

約3兆円規模の経済効果が期待できるとの試算だが。
はたして経済効果をどこまで波及できるのか。

インフラ整備の前倒しにより経済効果は150兆円とする専門家も

▼インフラ整備の前倒しにより経済効果は150兆円とする専門家も
“東京都は、関連施設の建設など直接的な経済効果を3兆円としていますが、これは長野オリンピックを下回る数字です。
首都高速道路など老朽化したインフラの整備を前倒しすることで、数十兆円の経済効果が期待されています。
また、観光産業の成長やスポーツ人口の増加などの潜在的な効果も合わせると100兆円を超えると専門家は指摘しています。”

出典

“大和証券シニアストラテジスト・木野内栄治氏:「150兆円くらいの経済効果が出てくる可能性があるというふうに思います。
大きい効果は、7年後が見通せるということです。これまで、1年先すらも見通せない経済情勢が続いていました。
7年後が見えるということは、企業にも、所得環境にも大きなプラスの効果を今の段階で生んでくれる」”

tyokyo-gorin-001

東京オリンピック経済効果には疑問符 東京五輪決定!

とうとう2020年夏季五輪の東京開催が決定しました。
そのことによる日本への影響とは、経済効果とは。
以外にも、主に心理的な好影響にとどまりそうだ。

オリンピック開催は、安倍晋三首相が進める日本の自信回復にとっては追い風となるだろうが。
がしかし一方で、オリンピック関連の投資活動が日本をデフレ脱却させるとの期待は見当違いとの見方が多い。

東京が初めてオリンピックを招致したのが1964年、オリンピック開催は日本が現代的かつ技術的に進歩した経済国家になりつつあるというメッセージを国内外に発した。

安倍首相が日本の「失われた20年」から抜け出させることに成功すれば、2020年の五輪は世界に対して日本復活を高らかに宣言する舞台となるだろう。
ただ、2020年五輪で使われる競技場などについては、東京は既存施設の利用を掲げており、追加投資は控えめな規模となる。

投資予算の予測。。。

投資予算額は約44億ドルにとどまり、既にある準備金から拠出される予定。
五輪運営にかかる約34億ドルはチケットや関連商品の販売、スポンサーの資金提供によってカバーされる。

これでは、日本全体の底上げには力不足。

オリンピック関連の支出が当初の予算を大幅に上回ることはよくあることだ。

■2012年のロンドン五輪では、計画していた予算の3倍の資金がつぎ込まれた!
■2004年のアテネ五輪は、既に財政問題を抱えていたギリシャ政府にさらなる負担を課した。

しかし、2013年の一般会計歳出が過去最大の93兆円台に上るとみられる日本政府にとっては、そうしたオリンピック予算も「誤算の範囲」だろう。

オリンピックに合わせて選手やコーチ、報道機関や観客らが世界中から集まることで、ホテルやレストランの新設、増設、改修が見込まれるが、

この点でも経済効果は限定的だ!

東京は昨年、オリンピック開催が3兆円の経済波及効果と15万人の雇用創出につながるとの試算を発表した。

よく考えてみてください。
これは国内総生産(GDP)をわずか0.5%押し上げるだけにすぎない。

また、設備投資の中には、、、
以前から計画されていたが、実施が前倒しになるだけのものも含まれる。

これではオリンピック投資予算では無いですね。

招致決定を受け日本株は上昇した。
野村証券によると、過去にオリンピック招致が決まった7カ国のうち6カ国は、決定発表から200日間で株価が平均15.9%上昇した。
しかし長期的にみれば、日本が五輪開催から期待できる効果はせいぜい消費者マインドの改善程度にすぎないのではないか。

福は内!魚介濃厚スープでつけ麺・ラーメン|あついぞ熊谷

今日のラーメン語らい。熊谷です!

また来た、月一になってきた。
濃厚魚介のスープが旨い、
その名もラーメン『福は内』

地元の長ネギと北海道のタマネギを使ています。
濃厚な魚介スープがとっても旨いっ!

今日のセレクトは、つけ麺屋で『ラーメン』にした!
餃子も頼んでみた。
ラーメン福は内

ラーメンもいいですね (*^o^*)
餃子旨いじゃん、もちもちした皮で中身がジューシーなっ!

また来よう。今度は餃子で一杯やりたい。。。

ガリガリ君|コーンポタージュ味!

気になっていたが、、、

すっかり忘れていた。

あの、夏に、さっぱり食べたい。

あのアイス!

ガリガリ君『コーンポタージュ味』
ガリガリ君コーンポタージュ味

そう、思い出して食べました。

これ!好きです。

コーンポタージュの味がしっかりあります!

納得の代物です。

流石、ガリガリ君シリーズ!

期待を裏切りませんね。

今度は何食べようか。。。(*^_^*)